日々の思うところ、趣味の徒然を思いのままに呟いてます。 よく呟くのはB'zや、OFFICE CUE関連。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日大好評に終わったCUE DREAM JAM-BOREE2010のレポです。
出来るだけ短く、と思ってたのにこの長さ。定番ですね。
いつものように記憶なので間違いがあると思います。まあその辺はそういう事で(おい)。
セットリストはも日記のこちらの記事に載ってます。
至れり尽くせりです、リーダー。有難うございます。
あと、現在コンピレーションCDのCUE DREAM JAM-BOREE 2010 ハリケーンジャンボリー ~キミを巻き込んで10回転~(DVD付)も発売してますので、曲を聴きたい方はどぞー☆
と説明したところでレポに入ります。長いよ注意!

まず最初に声を大にしていいたいのは、今回のジャンボリーはなまら楽しかった!
本編の構成、曲や企画のつながり、そしてなによりステージセットの配置がとても考えられていて、楽しみづらい席がかなり少ないイベントになっていたと思います。

ステージ構成はまずセンターにメインステージ。
メインステージは二階建てで、一階部分奥にはミラードア。
二階部分の両袖からも登場出来るようになってました。
メインステージ中央からアリーナ前方ブロックの後ろ位まで伸びる花道の先にセンターステージ。
メインステージの左右から会場内を一周するように花道がぐるりと巡り、後方にもステージ。
また、左右の花道の真ん中、アリーナの前方ブロックと後方ブロックのちょうど中間辺りにも小さなステージと言うか、何人かが立ち止まれるスペースがありました。
画面はセンターステージ二階の上に大きいのが1つ、センターステージの左右にちょっと小型がそれぞれ1個ずつの計3つでした。

ジャンボリーの冒頭、会場内の大画面に巨大な隕石らしきモノが写ります。
その後「1999年、ノストラダムスの予言は本当だった」という字幕&ナレーション。
1999年に太陽を中心に太陽系の惑星が十字型に並ぶ現象、通称グランドクロスが起こりました。(これは本当)
んで、その影響で天変地異が起こって地球は滅亡する!という滅亡説の一つです。
ああそれ、M●Rで読んだよ。と懐かしさを噛み締めたのはきっと少数派。わかってます。(お前)
が、その滅亡説のラストに『はずだった』。がつきます。
「その危機を未然に防いだヒーローがいた!」と、その『ヒーロー達』の姿がシルエットで登場。
そのシルエットは
●手にお魚
●日本刀装備
●股間にモザイク
●とても頭がもじゃもじゃもこもこ
●他のメンバーに比べ頭が倍位ある+手にダイコン?
の五人組。
どー考えてもあの方々ですありがとうございます。と、今回はヒーローショー?と期待したところで、その映像は唐突に終了。
2002年からのジャンボリーの歴史を振り返る映像に入ります。
2002年はファーストジャンボリー、2004年はミュージックジャンボリー(うろ覚え)、2006年は山田家ジャンボリー、2008年は格闘ジャンボリー、そして2010年はハリケーンジャンボリー!!
と言う事であのピンクぐるぐるロゴが画面に登場。
画面に点滅するように『WAKEUP!』の文字とともにノリのいい曲がかかって観客のテンションを上げていきます。
カウントダウンが始まり、途中途中でリーダー口調の注意が入ります。
ちなみにこの曲はジェイクの"wake up the striker"って曲のアレンジヴァージョンだったそうです。
登場の順番はオクラホマ→大小→NACSさん達→社長。
オクラホマ&大小は花道の左右から。
NACSさん達はセンターステージ奥のミラードアから。
そして社長は後方ステージに登場!
ちなみにNACSさん達5人は一緒に登場。
画面を五分割して、名前が呼ばれる&表示されるごとに画面に姿が映る。という登場でした。
並び順は確かステージ向かって左から音尾さん、大泉さん、モリーダー、安田さん、シゲさん。
画面に映る順番はシゲさん→音尾さん→安田さん→大泉さん→リーダーだったかと思います。
で、24日は気付かなかったんですが、25日はシゲさんだけ途中で映像が消えました(苦笑)。
というか、写ってまた消えて。状態。残念ですねー(苦笑)。
不調だったんでしょうか。それにしたって!
あ、衣装はフォトダイなどをご覧いただければわかると思いますが黒の上下+ピンクのインナー。
たしか黒の上着の襟や腕の縁取りはインナーと同じピンクで、森崎さんは帽子、社長は羽根っぽいストールを巻いてました。
小橋さんは素敵なドレスっぽい衣装でしたよ。
んで、全員登場したところで一曲目"ハリケーンマーチ"
メインステージ組が左側の花道から後方ステージに向かって行進します。
その行進がとっても綺麗かつ整然としてまして、いいです。
選手宣誓!みたいな感じでマイクのない片手を上げてた気がしますが、ここだったか後半だったかなあ?
花道途中で歌部分が始まって、リーダーの「じぇいえいえむ!びーおーあーる!いーいー!じゃんぼっりぃー!!」
あわせてCUEタレさん達&観客もコールします。
画面には歌詞が出るので、歌詞がうろ覚えな人も安心仕様。
がんがん進んで全員が後方ステージに立ち、社長の「祭りの旗を掲げよー!!」で、後方にジャンボリーロゴ入りの旗がするすると上っていきます。
CUEタレさん達全員が旗=後方ステージ奥の観客に向かい、胸に手を当てて「おーおーおー」と歌います。
ちなみに夜聴いたオクラホマの北海道関西化計画にて、ジャンボリー中にオクラホマにやってほしい事というネタを募っていたのですが、その中に『社長の『祭りの旗を~』って台詞を奪う」ってものがありました。
やらなくて良かったね★
で、ラップ部分とかは後方ステージで歌ってました。
間奏部分だったかで右側花道を通って全員がセンターステージへ。
ラストのサビは全員センターステージで歌い、「回れ回れ回れ回れ!」とか「飛べ飛べ飛べ飛べ!」ではシゲさんとかが観客をあおります。
「ジャンボリー!」でラスト。ばーん!と客電もついたっけ?

で、OPトークですが、まずは定番の「ファンじゃない人はまったく楽しめない」「ぽかーんだよ」などと、『ファン=バカのためのイベント』って事を改めて主張。
24日はぽかーん組っぽい何人かの男性を画面に映してました。
その後、これまた恒例の「トイレタイムはないぞー!!」と、長丁場の過酷さを主張。
以前つっこんでたシゲさんがトイレタイムについて語ってたのが印象的でした。
25日トークでは神様が「一言言っておく、君達は若くない」と、みんな目を逸らしていた事を指摘。
「俺達だって歳を重ねてるんだ。どんどん高齢化してくんだよ」みたいな事を言われました。
24日25日ともに「怪我のないように」って感じで,OPトークだって事を忘れたのか?と言う位フリーダムにアキレス腱を伸ばしたり足首を回したりするメンバー。先にやっとけ(笑)。
また、25日は「今日はとてもいい天気で」と天気について話し、とっても嬉しそうに胸を張るリーダーと、お隣の憮然そうな神様を映します。
「いいんだぜ、今日も降らしてやっても」とか「2日間は雨を降らせたんで俺の勝ちだ」など、神様は相変わらずマイナスプロモーションです。
ぶっちゃけ話として、初回23日夜はなまら雨でして、物販ブースにあった本日のスープカレーのスープの等身大立て看板が「ファンの感情を刺激する」と言う事で撤去されてたそうです(笑)。
あと、流れや内容を忘れましたが前半でシモネタ的な話に流れ、そこで安田さんが口を挟んだのが印象的でした。
「『ここだ!』って思ったんだねー」と言われてました。ほんとにな。
今回の新曲について、ジョー&アッキーの新曲が!と言う事で、振り返りを兼ねてマッスルボディの映像が流れます。
シーンはジョーが高校に爆弾を仕掛けた!と言いに来るシーン。
両日ともに「『ピーヨピヨピヨピヨ』に迷いがある。目が泳いでいる。今なら何の迷いもない『ピーヨピヨピヨピヨ』を言える!」と述懐するシゲさん。
24日は加えて、「とんだとばっちりを受けた方がいましたね」といわれます。
誰とはいいませんが、大きい演技でした森崎先生。
あと、今年のオーディションで入った新入りさん(アーティスト)が途中一曲でコーラス参加をします。とお知らせが。
OOPARTSオーディションと平行してたのか、OOPARTSオーディションがCUEタレオーディションに切り替わったのか。どうなんでしょうか。

などなど説明の後、CUE歌メドレーに入ります。
メドレー一曲目は大泉さんのLOVEバシーン!
全員が各パートを歌うんですが、大泉さんはセンターステージ、他のメンバーはメインステージだったか移動してくれたんだか、記憶が薄いです。
二曲目は"KILLME"。曲紹介は音尾さんが担当。
「俺を殺してくれーっ!」と言ってた気がします。
いつの間にかシゲさんが後方ステージにいまして、思う存分喉を振るいます。
こちらは確かショートヴァージョン。いい曲だなあ。
曲が終わった瞬間に思いっきりキャラを切り替えて三曲目"飲むしょ朝まで"の曲紹介。
演歌系番組の司会者(ちょっとレトロ)な口調にいきなり切り替わるシゲさん、芸達者です。
ここでの前口上は「父親を早くに亡くし、母親が女手一つで育ててくれました。産湯の前にお酒(芋?シソ?ウーロンハイ?)をミルク代わりに」みたいな感じだったと思います。
飲むしょもショートヴァージョン、「ちきしょう!!」が、なんまら恨みのこもった叫びに変わってました。
飲むしょの後は左側花道に大泉さん登場!
四曲目のオクラホマ。"Wishingsmile"の説明に入ります。
が、前口上の途中でもう曲が始まり、後方ステージにいるオクラホマから「ちょっと待って下さいよー!!」的なツッコミを受けます。
それでも語りを止めず、結局途中からの歌いだしになりました。
04年CDJを見た方ならご存知かと思いますが、この曲は激しいダンスを踊りながらの歌なんですが、途中で二人が物凄く顔を近づけます。
お客さんから「近すぎ近すぎ」とつっこみが入ります。
それでも二人は二人の世界のまま、お互いのマイクを相手に向けて歌う、何サービスよ?と突っ込みたくなる歌い方。
その後、サビ部分で社長が背後から乱入!
ここでもオクラの二人は「ちょっと待って下さいよー!」的な反応をしてたかと。
ラストはセンターに陣取って、どう考えても社長メイン、オクラがサブでしたご馳走様です。
24日の方が社長の登場が早かったそうです。
まあどちらにしても、いいとこを全部持って行きました社長。素敵です。
そのまま去っていった社長に憮然そうな顔をしつつ次の曲紹介。
「幻の名曲」とか言われてた気がします、TEAMNACSで"callingyou"!!
メインステージかセンターステージか忘れましたが、スタンドマイクを五本立てて、NACSさん達5人がその前で歌います。
結構新鮮な光景でした。
サビのところはCMでやってたように行進してるような動きで、"try'n try'n cacthing you"のとこは確か胸の前で何かを掴むような動き、ラストサビの"lalala lalalala"のとこは確か胸の前で手を組むと言うか、片手を包む、つぼみっぽいポーズで決めてたと思います。
曲が終わったら五人全員で綺麗に一礼して去っていきました。
メイン画面にはステージ上のNACSさん達、そしてサイドの画面にはdocomoのCM映像が流れてました。
白メインのつながる編が流れてるのは一瞬観ましたが、作業服姿のヴァージョンとか、赤メインのアレンジがちょっと元気になってるヴァージョンは流れてたのかしら?

ここで最初のメドレーは終了。
花道右側の中央辺りから大下安杉さんが登場します。
どうもキャシー小橋さんを探してるそうで、会場のお客さん達に「キャシーさん見ませんでしたか?」と問いかけます。
「キャシーさんの特徴はですね、胸が大きいです」と(笑)。
24日は「Dカップの人ー??」など、胸の大きさを会場中に質問して回りました(苦笑)。
25日はどうだったっけかな。
とりあえず質問で上機嫌になった大下さん、メインステージにキャシーさんらしき人を発見して近づきます。
しかしその方、スカジャン姿ですよ。なんか雰囲気違います。
それに気付かず大下さんは「キャシーさん、探したんですよもう。そろそろ生放送が始まっちゃいます」と肩に手をかけます。
が、振り返ったその方はキャシーさんではなく、アッキーです。
「なにしてんだよ親父!」と言うと大下さんにべきぃ!と蹴りを決めて鼻で笑います。
とそこにジョーが登場!
アッキーが「変な親父が声をかけてきたんだよー!」と訴えるとジョーは「お前の魅力は何年経っても変わらないからな!」みたいに、アッキーへメロメロっぷりをアピります。
で、ここでジョーからお知らせ(違)が。
「この会場に、爆弾を仕掛けた!!」
このお知らせに、失笑なのか驚きなのか、微妙な空気が襲います。
「ウソだよ、ぶるっちまったのかい?とんだひよこちゃんだぜ」と、あの台詞を再現。来ました!『ピーヨピヨピヨピヨ』!!
「何の迷いもない『ピーヨピヨピヨピヨ』だね!!」とアッキーも大絶賛です。
で、ここでバックにジェイクの面々が登場。
「ナイスなGUYS、ジェイクストーンガレージだ!」とメンバー紹介があり、"cleartheroad"に。
イントロで二人は着ていたスカジャンを脱ぎ、ぐるぐる振り回します。
曲が始まったら床に放置して歌うんですけど、いやあいい声です。
間奏などではちょっとだけ社交ダンスっぽい動きで、可愛くもラヴラヴな雰囲気を醸し出します。
ラストのサビ前だったかにジョーが着ているタンクトップに手をかけ、なんと真ん中から裂きます。
が、24日夜25日昼ともに綺麗に裂けず(苦笑)。
歌ってる途中にじわじわと裂いてました(苦笑)。
ラストの方でセンターステージに二人が行って、社交ダンス風の動きを。
ラストはアッキーを支えてフィニッシュ!
24日は曲が終わって電気が消えた瞬間、バランスを崩したようではけるにちょっと手間取ってました(笑)。
その後ジョーからの案内があり、ジェイクコーナーに入ります。
ヴォーカルのサトシさん、何故か「ジェイクストーンガレージでーす!」という宣言を繰り返す(笑)。
たしか毎回3回言ってました。最後の方は会場中が若干ざわざわ。
一曲目の"スパイダーアクション"は昨年出たシングルの表題曲。
そして二曲目の"lastdays"は9の日キャンペーン企画の一つ、CUEタレさん達が出演したPVでお馴染みの曲です。
二曲目が終わると、画面に『tap』の文字が。
注目のホマップコーナーの始まりです。
画面にはメイキングっぽく、社長からタップを打診される二人や実際に先生に会って練習し始めたところ、二人とも脚が攣ったりあれやこれやと大変そうなシーンがどんどこ写り、緊張感が高まります。
と、映像が終わったところでセンターステージにオクラホマの二人が登場。
二人の衣装はシンプルな白シャツ+黒パンツ。
で、タップを始めるんですが、これがやっぱり凄い。
最初は手探りっぽくゆっくり、次第にスピーディに、どんどんリズムが早く、動きも大きくなっていきます。
拍手をする人、息を呑む人、それぞれにオクラホマを見守ります。
びしっ!とポーズを決めたところで大きな拍手。
これで終了?と思ったら、今度は琴みたいな打ち込み風の音楽が流れ出し、それにあわせて更にタップ。
これもね、リズムにあっててとっても良かったです。
終了後、24日はちょっとMCがあったと思います。
確か、オクラホマのコーナーがトイレタイムにならなくて良かった。と安心してからバックで演奏していた月光グリーンを紹介。
この後は月光の曲でお楽しみ下さい。みたいな事を言ってステージを去っていた気がします。
が、25日は無言ではけて、月光の曲がスタートしました。
ラスト、河野さんがラストのポーズを決めた際ちょっとよろけてた気がするので、もしかして本当に限界だったんでしょうか?
ちなみに関西化では「もし本編の尺が長すぎたらここが切れる」と藤尾さんが自分から言ってました(苦笑)。
切られなくてよかった!

月光は8月4日リリースの両A面シングルの曲を演奏。
一曲目は始めて聴きましたが、二曲目に森崎さんが作詞したあぐり王国のテーマ曲を演奏しました。
激しい曲なんですけど、歌詞はなんかあったかい。不思議な曲でした。さすがリーダー。
ラストの決め台詞、「あなたの心に、月光グリーンでした」が聴けて嬉しかったです。

ここでジャンボリーと言えばお馴染み、ジャンボリーダーによるジャンボリーコーナーに突入します。
こちらもオープニング同様、2002年からの軌跡を追い、今年も!という感じでジャンボリーダー登場。
毎回恒例ながら、ダンサーさんを従え、歌いながら登場します。
ちなみにダンサーさん達の一部は花道に来て、アリーナの人達に向かって振りを見せてくれてました。
会場の皆さんも9割以上バカなので、冒頭から一緒に歌います。完璧です。
ジャンボリーダーは毎回みんなが歌えててびっくりしてましたが、今回はさすがに慣れたようです。
「歌えない人、そっちが正解です」と、これまたいつも通り。
今回はお歌の練習はなく、振りの確認から入ります。
24日夜は足踏みの事を「右足から歩いて。あ、歩いちゃ駄目ですよ!」と慌てて止める、これまたお馴染みの説明ミス。
25日は「足踏みして下さい」とちゃんと説明。
そしてこれまた毎回恒例、「ロイヤルボックスも起立!」と偉い人達に声をかけます。
24日夜はまあいつも通りのしぶしぶさでした。
一番メインステージから遠い端の最前にいた男性だけやたらノリノリでした。
あの方誰だったんだ(笑)?
そして、YOYO'Sでお馴染みの木村鳳凰がご来場されてました。
居場所は一番メインステージ寄りの中央段辺り。
私が見てたのがちょうどロイヤルボックスの隣の隣位のブロックで、周囲が「木村さんだ!」とざわざわ。
見てみたら、ほんとに木村さんでした。
木村さんは白と黒(紺?)のラガーシャツっぽいシャツにメガネ姿でした。
25日のロイヤルボックスはなんかやたらノリノリでした。誰がいたんだ(笑)。
あの調子ならきっと名刺交換が行われてそうな気がします。それくらいノリがよかったです。
翌日カリー軒に行った際、カリー軒の皆さんは25日に行ったとおっしゃってるのを聴いたので、カリー軒のご家族がいたのかもしれません。
あと、オクラホマの家族とか(笑)。
個人的に楽しみにしてる「なまら偉い人を立たせてしまいました」ですが、24日夜は言わず。
25日は「凄い偉い人が来てるんだよ」みたいな事を言ってました。
ちなみに一緒に見た友人曰く、後半メドレーでCUEタレさん達がロイヤルボックス前を通る際、社長が「済みませんでした」みたいな感じで謝罪してたとか(笑)。
今回の決めポーズは謎かけ芸人さんねづっちさんの『整いました!』のポーズらしいです。
でも見てた人達曰く、リーダーがやったポーズは整いましたじゃなくて登場時のポーズらしいです。
えっと、今回のポーズは胸から腰辺りに手を下ろすポーズだったんですが、ねづっちさんが謎かけだか登場時に背広の襟を開くポーズがあって、きっとそれっぽい。と。
でも何故下まで下ろす?と疑問視されてました。
とここで、リーダーも謎かけを。
「武士(侍)とかけて、TEAMNACSと解く」
お客さん全員で『その心はー??』
「どちらもケン(剣/顕)が必要です」
綺麗です。整ってます。
これは日替わりじゃなくて毎公演同じのを言ってたそうです。
が、25日はアンコールが起き、リーダー本気で焦った顔になります。
考え付いたのかそれ以外の案を必死に思い出したのか。
リーダーが叫びます。
「かくれんぼをしている人とかけて、ジャンボリーに来たシゲファンと解く」
『その心は?』
「どちらもシゲミ(茂み/シゲ見)に来ました」
これまた綺麗に整いました!
リーダー、「もりっちですv」とポーズを決めます。可愛いです。
と、ここでジャンボリーの歌斉唱!
みんな綺麗に歌って踊ってワンモアタイム!して、楽しいジャンボリーの時間でした。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ジャンボリーのレポ前編お疲れ様でした~!
いや~、読んでいるだけでやたら楽しそうです(笑)
12月のDVDの発売がますます楽しみになりました(^^)
ゆっくりでいいので、後編のレポも楽しみにしています。
2010/07/30(金) 17:37 | URL | 柊みかげ #N0fGSRtA[ 編集]
>柊みかげさん

どうも、いつもコメント有難うございます(深々)。
レポ前編、なんかなまら疲れました(苦笑)。
後編レポも、気力と記憶が薄れないうちになんとか書ければ。と思っております。
無理し過ぎない程度に頑張ります(笑)!
2010/08/01(日) 19:47 | URL | きたみ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。