日々の思うところ、趣味の徒然を思いのままに呟いてます。 よく呟くのはB'zや、OFFICE CUE関連。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SPEC結、観てきました。
爻ノ篇が待ち遠しい!この一言です。

で、今回は爻ノ篇までに気になるネタ二つ、当麻の左手についてと白い二人のSPECについてです。
漸ノ篇だけではなく、連ドラから翔天零のネタもあれこれ呟きますので、広い意味でネタバレ嫌いな方は回避をお願いします。
















そんなわけで、まずは当麻の左手について。
翔ラストで海野先生が殺したはずなのに、天で既に復活、否当麻への侵食が復活。
翔で、海野先生が救いを感じた行動があっさり覆されて複雑な気分です。
ですが、あの時先生は当麻の依頼は『左手の全ての感覚を殺して下さい』。
そして処方後、『処方が成功したようだ』と答えてます。
あくまで海野先生が殺したのは『左手の感覚』であり、それに対しての処方です。
私はあの左手、そして侵食している『意思』は当麻個人と言うよりは、進化してしまった遺伝子、発現したSPECの意思だと思っています。
彼等は当麻個人の意思とは別のモノなので、結局は閉じられなかったのかな。と。

そして、左手の暴走について。
零までの、左手がちぎれる前は完全に当麻がSPECを操作していました。
が、天以降は左手が当麻の意思とは別の思惑で動き出し、当麻自身を侵食するようになっています。
これは単純に一度離れ、無理矢理つなげた為に当麻の意思が及ばなくなってしまったせいか、SPECホルダーの絶対数が増殖している=世界の進化の影響か、それとも終局へ近付いているせいか……
爻ノ篇の予告編でスペックホルダーズを召喚していたので、当麻の意思が彼等を押さえつける、もしくは当麻の中で整理がついて共存出来るようになるかわかりませんが、御せるようになるのは確実です。
その戦いと葛藤の結果も楽しみです。

あとセカイ様と大潤ちゃんの二人+兄者について。
セカイ様は作中で語られた、パラレルワールド同士を繋げて上書きして削除する能力かな。と思いました。
クローンニノマエを消したりあれこれを消した技は、彼らが存在しない世界をつなげてそちら部分の流れをこちらの世界にも引き寄せ上書きして消したのかな。と。
そして白い女。やっぱり彼女は潤ちゃんと同一人物でしたね。
彼女の能力ですが、天の頃どこかの考察で見た『何かを生み出す能力』なのか、それともセカイ様と同じくパラレルワールドと繋げる系だと考えるなら、逆に上書きしてこちらの世界には存在しないものを呼び寄せる能力かな。と思ってます。
誕生自体も、こちらの世界軸では存在していないが別の世界では存在したモノを呼び寄せ、拠り代として潤ちゃんを生み出させたり、あの時点で怪我をしていない里子の肉体に上書きしたのかも。と思っています。

色々考えたい事、妄想したい事がいっぱいありますが、先ずはここまで!
爻ノ篇が待ち遠しいぞぉー!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/11/21(木) 16:46 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。